英語質問箱 質問と回答

Q.
TOEICに関する文法の質問-その1
This feature will also give staff members an opportunity to promote any clubs, associations, or activities in their neighbourhood that they feel deserve a little extra exposure.
   feel と deserve は両方とも動詞に見えます。どの様な文法なのでしょうか?

A.
…in their neighborhood that they feel deserve a little exposure.
というセンテンスでは「連鎖関係代名詞」が使われています。
平たく言うと、通常の先行詞+関係代名詞+主語+動詞という関係代名詞の用法において、関係代名詞と主語の間に新しく主語と think, feel などの動詞を挿入することです。元のセンテンスでは、 theyとfeelを挿入されています。
つまり、「誰が思ったのか」という情報を補足しているのです。実は質問2でも連鎖関係代名詞が使われており、その用法・作り方は質問2の回答で詳しく説明していきます。

Q.
TOEICに関する文法の質問-その2
 If you are involved with a local organisation that would benefit from some publicity, please inform me of the nature of the group and its activities, where the group meets, how often it meets, and < any other information that you feel is relevant. >
(質問者訳)「もしあなたが広告から利益を受けているであろう、地方の団体と関係があったら、その団体の性質とその活動、どこでその団体が会い、どのくらいの頻度で会い、<あなたが感じるどの様な他の情報も重要です>」
   ブラケットカッコ部分の文法と訳の解説をお願い致します。

A.
ここで使われる文法事項も、問1と同じく連鎖関係代名詞です。
まず全文訳ですが、「もし(主語)が宣伝より利益を得ているあろう地元の団体と関わっていたら、その団体の特徴や活動内容、どこで、どのくらいの頻度で会合を開いているのか、<そしてその他関連すると思われるどんな情報>についてお知らせください。」になるかと考えます。

ここでは、ブラケット内の情報は、”me”に”inform”してほしい5つの情報の内の1つです。5つの情報の詳細は、
① 団体の特徴・性質 (the nature of the group)
② 団体の活動内容 (its activities)
③ 団体の会合場所 (where the group meets)
④ 団体の会合頻度 (how often its meets)
⑤ その他の関連すると思われる情報 (any other information that you feel is relevant)
です。(②活動内容は、③・④を内包していると見ることもできます。)
つまり、please inform me of … any other information that you feel is relevant と考えることができます。

ではこの考え方を基にブラケット内の文法を見ていきましょう
please inform me of… (any other information that you feel is relevant)
(  )内は「連鎖関係代名詞」が使われています。
関係代名詞なので、このセンテンスを2つに分解することができ、
①please inform me of any other information (他のどんな情報でもお知らせください)
②you feel (that) it is relevant (それは関連していると思われます)になります。
ここでは、①のany other information と ②の it は同じものを表します。
よって①②を連鎖関係代名詞を使って一つの文に戻すと、
please inform me of… any other information that you feel (that) it is relevant.
となりますが、接続詞(that)と、any other information と同意のitは省略できるので、
please inform me of… any other information that you feel is relevant.
となり、先述のような 「そしてその他関連すると思われるどんな情報」という訳になるわけです。

Q.
語根としての意味と、その語根が1個の単語として用いられるときの意味が関連しないように思えるケースがあります。例えば,parent=見えるapparent, transparentとparent=親やverse=回るtraverseとverse=韻文、関連がないようにみえて実は原義-由来においては関連があるのでしょうか?

 

A.
apparent及びtransparentは、ラテン語apparere「実現する、現れる、見える」に由来しています。ちなみにtransはacrossの意味で現代英語でも使われています(transport, transferなど)。apparereは接辞ad-(現代英語でいうとto)とparere「現れる、見える、従える」からなっていますが、parereの由来は明らかになっていません。
また、parentはラテン語parens「親、祖先」に由来し、そしてparensは動詞parire「生む、表す、つくる」に由来しており、ついには印欧祖語(Proto Indo European, PIE)の語根pere「つくる、表す」まで遡ることができます。

一方で、verseもtraverseに関してですが、両単語はラテン語vertere「回す」に由来しています。農業において、鋤を使って次から次へと「線」を通ること(=traverseが)、比喩として文章の「行」(=verse)を目で追う意味で使われるようになったと考えられます。
なお、verseが「文章の行」から「歌の一部」という意味で使われるようになったのは最近の発展のようです。

つまり、apparentとparentのように、語根が共通しているように思われても、語源を辿れば、原義-由来においては同起源の言葉(cognate)ではない単語もあります。たとえ同起源であったとしても、遡れる印欧祖語よりも以前の段階で分岐したと思われます。

出典:https://www.etymonline.com/

 

Q.
知覚動詞 It looks really old.
That sounds niceを、中学2年生にどう教えたらいいですか?

A.
知覚動詞の教え方は、生徒さんに応じて、多様だと思います。
一つの教え方は、構文として覚えよう、というものです。日本語と英語は、語順が異なり、SV(O)C構文、即ち、動詞の後に補語が来る、という構文があると教え、覚えてもらう、という教え方です。
実は、中国語にも同じ構文がよく使われます。語順が異なる外国語を学ぶときに、構文として覚える、という方法は有効だと思います。


現在、質問箱は閉室しています

page top ↑